【事前準備編】寝付きを良くする3選

朝の時間が大切な事とは分かっているのですが、夜きちんと眠れなければ、当然朝起きる事ができません。早起きのために夜早く寝るためのアイデアを3つお伝えします。

早起きしておく

早起きするためのアイデアなのに、いきなり見出しに “早起きしておく” って何なんだと思う人がいると思いますが、要は一度ルーティンを変えるという事です。
つまり、

夜寝るのが遅い→睡眠不足→朝眠くて起きられない

このマイナスループを抜け出す方法として、まず一日無理矢理起きて、強制的にペースをつかんでしまう
という事です。
夜眠くないという原因さえ分かってしまえば、あとは解決するだけです。

早起きすることで、自ずと夜には眠くなるという、何とも単純で自然な答えです。

家に帰ったら、スマホやパソコンは電源オフ

寝付くためには、スマホやパソコンのブルーライトは大敵です。眠気が一瞬にして吹っ飛んでしまいます。個人的な意見としては画面の明かりを、ナイトモードにしても正直あまり変わらず眠気が冷めてしまいます。

ネットで検索しても、
”スマホは寝る前には見ないようにすると良い”

とよく目にしますが、一体何時からが寝る前の時間なのか?という意見もあるかと思います。
人によっては寝る30分前や1時間前など、解釈がバラバラです。

なので、おすすめは

  • ・6事から切る
  • ・帰ったらすぐ切る

これです。
そもそもスマホ中毒である私たちは、暇つぶしのために寝る前にスマホを見てしまいます。
これが一番の寝付きの妨げになっている原因だと気づいた今、試しにやってみる価値はあると思います。
いきなり時間ができるので、食器を洗ったり、お風呂で半身浴をしたり、本を読んだりと普段とは違う生活になります。

言ってしまえば子供の時、学校から帰ってきて、ご飯を食べて、お風呂に入って、夜9時くらいにはやる事がなくて、寝てしまっていましたよね。

あれです。子供のように「もう起きていられない〜」っていうあの感じです。
スマホオフで子供時代の寝付きを取り戻せます。

日中に運動をして、体を疲れさせておく

この運動するの目的は体を疲れさせて、寝付きを良くする事です。

これは簡単なものから、ハードなものまで色々あると思いますが、ハードなトレーニングは自ずと疲れて眠くなると思いますので今回は省きます。

ちなみに僕のハードでは無いトレーニングの基準は以下の通りです

■20分〜30分のジョギング
■筋トレ30分

20分〜30分のジョギング

これは日中いつでも良いと思うのですが、軽く息が上がり汗を少しかく程度で良いと思います。

要は身体自体が疲れれば良いんです。

汗をたくさんかきたい派の人は、サウナスーツがおすすめです。

筋トレ30分

これは僕の感想ですが、

スクワットがおすすめです!!

体の筋肉は足に集中していて、全体の筋肉の70%が足に集中しています。
スクワットのやり方は色々あると思うますが、分からない方向けに言うと、重さは自由ですが、

フリースクワット(長いバーに20キロの円盤を一枚ずつ取り付けます)を10回3セット、お尻を突き出して目線は正面。太ももとおなかをくの字に、体を二つに折り畳む感じと太ももの内側に効くイメージで鍛えればこれだけでOKです。
時間も早く終わるし難しくありません。

せっかくジムに来たのに、これだけではもったいないと思うかもしれませんが、あまり長い時間トレーニングするのは交感神経が活発化してしまうのでおすすめできません。
寝る前には交感神経を優位にするのではなく、副交感神経を優位にしてリラックスしなければいけませんので、長時間トレーニングは昼の時間がおすすめです。

で、なぜ寝付きを良くするためにスクワットなのかというと、

体を疲れさせる事が目的です。

「寝付けない、眠りが浅い」と悩んでいる人は結局、頭の中の悩みや不安が多かったりします。
体自体が疲れていれば、体自体が眠ろうとするので、体自体が強制オフ(動けないように)になるようにあらかじめ仕込んでおくわけです。
この章の冒頭にも述べましたが、体に筋肉の70%が足にあるので、その70%にアプローチしまえば短い時間でも疲れるための筋トレ完了です。いわば

”レバレッジ筋トレ法” ”レバレッジ睡眠法”

とでも言っておきましょうか。

まとめ

今回は寝付きを良くするためのアイデア

  • ・早起きしておく(一度だけ頑張ってリズムを作る)
  • ・帰ったらスマホオフ(子供の時のような生活をしてみる)
  • ・筋トレスクワット30分(スクワットをして体を疲れさせる)

いかがだったでしょうか?今回は寝付きを良くするための行動アイデアです。
もしよかったら一度やってみてください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です